2007年 06月 18日

日本版預託証券、9月にも解禁へ・三角合併で利用も

政府は発行の条件として、日本語の有価証券報告書を財務局に提出することや、顧客を勧誘する際に売り出す預託証券の数や総額などを記した目論見書を提示することなどを外国企業に義務付ける。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070617AT3S1401116062007.html

(CFOならこう読む)
日本企業としてソニーが米国で初めて預託証券を発行したのが1961年。
それから半世紀たってようやく日本版預託証券が誕生します。
これで外資にとっての三角合併は格段に使い勝手が良くなりますね。

by yasukiyoshi | 2007-06-18 08:16 | M&A


<< 「総会屋に現金を渡すのと同じ仕...      「金融所得、一体課税に」・政府... >>