2007年 06月 19日

「総会屋に現金を渡すのと同じ仕組み」投資銀行幹部がスティール対策を徹底批判

ブルドックソースの買収防衛策は、数ある防衛策の中でも最低最悪と言える。
http://www.toyokeizai.net/online/toushi/shiki/?kiji_no=202

(CFOならこう読む)
先日来私はブルドックの買収防衛作をスティールにとっての”打出の小槌”と言ってしていますが、
この記事では同じことを”総会屋に現金を渡すのと同じ仕組み”と表現しています。
ブルドックのアドバイザーである野村證券及び西村総合法律事務所の
反論をぜひお聞かせ願いたいところです。

この記事の中で「買収防衛策は核爆弾同様、抑止力であり、
使用してはいけないもの」という指摘を全ての上場会社のマネジメントは
真摯に受け止める必要があります。

by yasukiyoshi | 2007-06-19 08:32 | M&A


<< いちごアセット、東京鋼鉄の買収...      日本版預託証券、9月にも解禁へ... >>