2007年 06月 30日

上場企業M&A、最高の338件・TOBも6割増50件、1-6月

海外企業による買収や、業界・グループ再編などが活発で、
TOB(株式公開買い付け)件数も50件と過去最高になった。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070630AT1D2907H29062007.html

アサヒとカゴメ、トマト果汁の低アルコール飲料発売
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070630AT1D2904U29062007.html

(CFOならこう読む)
合併、株式交換、TOBといった支配権の移動を伴うもの以外にも
アサヒとカゴメのように物流網の相互利用や商品の共同開発を目的とした
緩やかな経営統合も増加しています。
自社の企業価値創造のための戦略として
他社との合従の機会をいかに見出していくかが非常に重要な時代です。
これからのCFOは単なるブックキーパーではなく、
戦略家でなければなりません。

M&Aの場面でも適切な価値評価を行い、スキームを構築し、
資金調達を行うといった全てのステージでCFOの役割は重大です。
常に目を光らせ、貪欲に勉強していかなければなりませんね。

by yasukiyoshi | 2007-06-30 09:07 | M&A


<< 内部統制ルールを実質緩和・金融庁検討      法人実効税率、日本がOECDで... >>