吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュース

cfonews.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 07月 25日

テーオーシーへの敵対的TOB不成立・ダヴィンチが発表

発表によるとTOBに応じたのは発行済み株式の34.6%にあたる4734万8710株。グループ保有分と合わせても約40%にとどまり、目標とする5割超には届かなかった。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070724AT2E2400124072007.html

(CFOならこう読む)
「市場原理に全く従わず、経営陣に応援買いを入れたナゾの株主が約11%-12%いたのが最大の敗因」
「総額で約200億円。いったい誰が買ったのか」
とダヴィンチ社長の金子修氏は何度も首をひねったそうです。

金子社長、日本はまだまだ資本主義ではないようです。
“買収防衛のための安定株主政策”や“株式持合い”が普通に行われる国なのです。
こういう会社の株式が売り浴びせられるようにならないとなかなか敵対的TOBは成功しないのかもしれません。

それでも確実に日本は社会主義型資本主義から市場主義型資本主義に移行しつつあります。
ライブドア・村上事件、スティールの買収、王子の北越へのTOB、金融再編、監査法人の淘汰といった一連の事件は全てここ3年で起きていますが、社会主義型資本主義では起きない事件です。

だいたい7、8年前まで日本の上場会社のPER(株価収益率)は50倍を超えていたのです。
つまり市場が全くファンダメンタルズに基づかない株価形成をついこの間までしていたのですから、
そんなに簡単に市場が機能するようになるはずがありません。

それでも金子さん、そんなにがっかりすることはありません。
時代の大きな動きは誰にも止められません。
もうしばらくお待ち下さい。
そんなに遠くない将来テーオーシーは必ず落ちます。

by yasukiyoshi | 2007-07-25 08:23 | M&A


<< 東京円上昇、一時119円台・2...      上場企業、配当政策に工夫凝らす... >>