2007年 08月 07日

経財相「脱デフレは後ズレ」・日銀と利上げ巡り応酬の兆し

政府が成長見通しを下方修正するなか、利上げ判断を巡る応酬が続く可能性もある。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070806AT3S0601Y06082007.html

(CFOならこう読む)
「遅いと資源配分ゆがむ」
昨日の福井日銀総裁の言葉です。
政府がどう言おうと8月中に利上げがあると思っていた方が良いでしょう。
金利上昇リスクに対するヘッジはほとんどの会社が行っていますが、
メインバンクの提案をあまり深く検討せずそのまま採用するケースが多いように思います。

しかしリスクヘッジの考え方は色々ありますしコストも色々です。
短期資金により調達するか長期資金により調達するか、
固定金利で調達するか変動金利で調達し金利スワップをかけるか、
キャップやフロアをつけるべきか否か、会社側で主体的に検討し複数の金融機関に打診しましょう。
資材購入時には相見積りをとり厳しい価格交渉をするのに、
資金調達はメインバンクにお任せでは筋が通りません。

by yasukiyoshi | 2007-08-07 08:20


<< ブルドック防衛策、最高裁も容認...      景気拡大「1年以上続く」過半数... >>