2007年 11月 26日

オリックスの外国人持株比率67%

オリックス株、外国人3分の2保有・9月末67%
オリックスは9月末の外国人持ち株比率が67%と発行済み株式数の3分の2を初めて超えた。特定の外資の支配下にある企業を除くと、国内上場企業では最高。外国人株主が同一歩調をとれば、合併など重要事項を決める「特別決議」が可能な水準となり、経営への影響は大きい。ヤマダ電機でも外国人持ち株比率が 6割を超えるなど、有力企業で外国人の存在感が高まっている。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20071126AT2D2100E24112007.html

【CFOならこう読む】

記事の中に次のように記述があります。
「外国人投資家は高いリターンを求めて機動的に投資先を変える傾向があるため、外国人株主の多い企業は買収リスクが高くなりやすい」
これは一体何を言わんとしているのでしょうか。経済活動はボーダレスに行われており、特に資本は軽々と国境を飛び越えて行くのですから、優良企業の株主の多数を外国人投資家が占めることは当然のことと言えます。

そして普通の投資家は資本コストに見合ったリターンを会社に要求するものなのです。これが出来ない経営者は、M&Aにより強制的に退陣させられる、これにより効率的な資源配分を実現出来るのが市場型資本主義の大きな特徴の一つなのです。

記事では買収リスクが高くなることがあたかも悪いことであるかのように書かれていますが全くナンセンスです。これに対し藤木社長は、

「企業価値を高めることが最大の買収防衛策は。持ち合いはしておらず、市場にすべて委ねている。」と極めて真っ当なコメントをしています。この市場重視の姿勢が、外国人株主の買いを呼んでいるのでしょう。

オリックスの業績の推移
当期純利益およびROEグラフ
e0120653_8454629.gif


総資産およびROAグラフ
e0120653_8491260.gif


株主資本および株主資本比率グラフ
e0120653_8492686.gif


1株あたり純利益(希薄化後)および純資産グラフ
e0120653_849407.gif


【リンク】
財務情報:オリックス株式会社
http://www.orix.co.jp/grp/ir_j/financial/index.htm

by yasukiyoshi | 2007-11-26 08:50 | 買収防衛策


<< キャッシュリッチ企業による普通...      「CFOニュース」を始めた理由 >>