2008年 01月 22日

オーベン(旧アイシーエフ) 株式交換で不正か

マザーズ上場のICF、株交換で不正か…利益20億円
東証マザーズ上場のネット関連企業「アイ・シー・エフ」(ICF、東京都港区)の旧経営陣らのグループが、不正な手段で株式交換による企業買収を行って大量の自社株を発行し、多額の売却益を上げていた疑いのあることがわかった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080120it01.htm


オーベン株下落

21日の株式市場で、投資事業などのオーベンが前週末比340円 (5.2%) 安の6140円と下落した。「旧経営陣らが不正な手段で株式交換による企業買収を行い、多額の売却益を上げていた疑いがあることがわかった」との一部報道がきっかけだ。根強く残る新興株への不信感を広げ、相場全体を押し下げる一因になった。
(2008年1月22日 日経金融新聞 4面)

【CFOならこう読む】
オーベンが株式交換で買収した主な企業(上記日経金融新聞記事より抜粋)
e0120653_9273579.jpg


会社は、昨年6月にエイチ・エヌ・ティーとの株式交換で佐藤克氏の義務違反により損害を被ったとして、14億9千万円の支払いを請求する損賠賠償請求を提起し、8月に東京地裁から請求を認容する判決を得た、とHPに開示しています。

読売新聞によると、大阪第一企画の買収の際に、債務超過である同社を、粉飾によりかさ上げし企業価値に基づき株式交換比率を決定し、8億円相当のアイ・シー・エフ株式を大阪第一企画の株主に交付。これを市場で10億円前後で売却させ、これをアイ・シー・エフの旧経営陣に還流させたとして、証券取引等監視委員会と大阪府警が金商法違反(偽計)容疑で立件する方針。旧経営陣は同様の取引で少なくとも20億円の利益を得たとのことです。

大阪第一企画の買収は2005年2月、これが今頃立件されるとはどういうことでしょう。
日本の株式市場はこんなものだとすると、個人投資家は恐くてとても近寄れませんね。

【リンク】
平成19年6月27日「当社元代表取締役に対する訴訟提起について」株式会社オーベン
http://www.orben.co.jp/library/pdf/release/2007/070627.pdf

平成19年8月30日「当社元代表取締役に対する訴訟の判決に関するお知らせ」株式会社オーベン
http://www.orben.co.jp/library/pdf/release/2007/070830.pdf

平成20年1月21日「当社旧経営陣に関する一部報道について」株式会社オーベン
http://www.orben.co.jp/library/pdf/release/2008/080121.pdf


by yasukiyoshi | 2008-01-22 08:58 | M&A


<< アインとの統合否決 委任状争奪...      委任状争奪戦-イオン・CFSの... >>