吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュース

cfonews.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 26日

大量保有報告書ートヨタが買収された???

「ソニー株など51%取得」 川崎の会社、虚偽報告か
金融庁が運営する株式の大量保有報告書の閲覧ページ「EDINET」で25日、ソニーやトヨタ自動車など大手6社について「発行済み株式の51%を取得した」との報告が相次いだ。報告によると株式の取得総額は20兆円を超え、各社とも「あり得ない」としている。金融庁は、金融商品取引法違反(虚偽記載)とみて、調査を始めた。
http://www.asahi.com/national/update/0125/TKY200801250337.html

【CFOならこう読む】
金商法は、上場株式等の5%超の保有者に対し保有者に関する情報を大量保有報告書により開示することを求めています。いわゆる5%ルールです。大量保有者は、大量保有者となってから5日以内に内閣総理大臣に大量保有報告書を保有者自らが提出しなければなりません。大量保有者が誰で、その保有目的は何であるかは、対象会社の支配関係に影響を与えるとともに需給関係にも影響するため、適時に投資家に周知させることがこの制度の目的です。

報告書は金融庁が所管する電子開示システム「EDINET」を通じ一般に公開されていますが、定款さえ提出すれば登録のためのIDとパスワードが発行され、それを入力しさえすれば誰でも報告書の提出ができるようになっています。 今回の公開は3時を過ぎてから行われており、株式市場がすでに閉まっていたため、市場に与える影響は小さかったが、これが3時前であったなら大変な騒ぎになっていた可能性もあります。

大量保有者であるテラメントは、資本金千円で昨年11月に設立された会社で、事業内容は、「IT,自動車、通信、家電、半導体、宇宙航空、原子力、製薬、放送」と今回報告書が提出されたトヨタ、ソニー、NTT,三菱重工、フジテレビ、アステラス製薬の事業内容と一致しているので、虚偽の大量保有報告書を提出するためだけのために設立されたものと見られていますが、その本当の狙いは不明です。

このニュースは、安直な規制緩和が、ライフラインである公共インフラの破綻に繋がるリスクを我々に知らせているように思います。もちろんだからといってテラメントなる会社が許されるわけではありませんが。

【リンク】
FDINET 有価証券報告書等の開示書類を閲覧するホームページ
https://info.edinet.go.jp/EdiHtml/main.htm

平成20 年1 月25 日「大量保有報告書の提出に関する調査について」金融庁
http://www.fsa.go.jp/news/19/syouken/20080125-2.pdf

「株券等の大量保有の状況等に関する開示制度(5%ルール)の概要について」
http://www.mof-tohoku.go.jp/b8_rizai/04_tairyou.html


by yasukiyoshi | 2008-01-26 10:11 | M&A


<< 同族企業の後継者問題-大手企業...      買収資金の調達と財務制限条項ー... >>