吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュース

cfonews.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 31日

連結:国際会計基準、単体:日本国内基準?

会計基準の世界的統一が加速するなか、日本の孤立感が深まっている。国際会計基準を採用する国は百カ国を超え、2011年には資本市場の「共通語」となることがほぼ確実。欧米間で基準作りの主導権争いが激しさを増す一方で、出遅れた日本は会計分野で発言力を失いかねない。決算書の透明性向上を目指した「会計ビッグバン」を経て、日本は再び大きな試練を迎えている。
(2008年1月31日日経金融新聞7面)

【CFOならこう読む】
企業会計基準委員会(ASBJ)は、昨年8月、国際会計基準とのその時点での差異を2011年6月末までに解消すると発表しました。しかしこれは国際会計基準を全面採用するということではなく、あくまで自国の会計基準を存続させた上で、昨年時点の国際基準との差異を解消するということなので、国際会計基準審議会(IASB)が開発するルールは、2011年時点でも解消されません。

つまり今のままではいつまでたっても国際会計基準と完全に統一されることはないのです。何故国際会計基準を全面採用することができないのでしょうか? 記事では国内法制や税制との整合性が障害となっていると指摘しています。しかしそれは日本固有の問題ではないはずです。こういった障害を解決し2011年にはカナダ、韓国、インドなども一斉に国際基準に乗り換えます。

日本は縦割り行政であり調整不可能であると、自国の会計基準にいつまでも拘泥していると、世界の中で完全に孤立することになりかねません。会計士協会会長の増田氏は解決策として「連結決算だけに国際基準を適用してはどうか」と言っているそうです。しかしそれが企業にどれだけ余計な負担を強いることになるかわかっているのでしょうか? それともその分会計士の仕事が増えて望ましいとでも思っているのでしょうか? 

EUが上場企業に対し連結ベースの決算書に国際基準を適用し、各国の法制や税制が絡む単独決算は自国基準を使う「連単分離方式」を採用していることを理由に、増田氏の言うような方向性もあり得るとの意見もあるようですが、言語も文化も異なるEU内の統一と、日本国内の権益の調整を同じ次元で語る神経が私には全く理解できません。

【リンク】
 なし

by yasukiyoshi | 2008-01-31 08:53 | 会計


<< 新株予約権付ローン発行 住友金属鉱山      北畑経済産業事務次官講演?-株... >>