2008年 02月 05日

北畑経済産業事務次官講演-株主は軽薄、強欲で堕落している!!その2

キリスト教では人間を罪に導く可能性がある感情を7つの大罪と呼ぶという。傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲の7つだ。1月24日に財団法人経済産業調査会が主催した講演会で、北畑隆生経済産業次官は次のように語った。「危ない表現をすると、株主は(企業経営の)能力がないうえに浮気者、それから無責任、有限責任であり、配当を要求する強欲な方。さらにスティール・パートナーズとなると、(他の)株主や経営者を脅かす。つまり、7つの大罪のうちかなりの部分がある」
(日本経済新聞社 2008年2月5日 17面 一目均衡)

【CFOならこう読む】
この件は1月30日に1度とりあげました。
http://cfonews.exblog.jp/7159608/

今日の記事で具体的な発言の内容がわかりました。
ここで話されているのは株主の話ではなく、高級官僚の話の間違いじゃないでしょうか?

北畑氏の顔が映画「セブン」の猟奇殺人者に見えてきます。
殺されるのは、…日本経済。

【リンク】
↓好きな映画です。NINの音楽もイケテマス。

セブン
ケビン・スペイシー グウィネス・パルトロウ モーガン・フリーマン

B000MTON48
ギャガ・コミュニケーションズ 2007-11-02
売り上げランキング : 5222
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

by yasukiyoshi | 2008-02-05 11:43 | コーポレートガバナンス


<< JT、日清、加ト吉が冷食統合計...      サッポロ・スティール >>