2008年 02月 16日

社債、金利上乗せ幅拡大 企業の資金調達に影響も

債券市場で社債の基準金利に対する上乗せ幅(スプレッド)が拡大している。
米金融保証会社の格下げなどを受けて、投資家が信用リスクを回避する動きを強めているためだ。社債の発行条件が折り合わず、起債を見送る企業も出始めた。今後もスプレッドが拡大すれば、こうした傾向が強まる可能性もある。

(日本経済新聞2008年2月16日 16面)
【CFOならこう読む】
新聞記事によると最近のマーケットは次のとおりです。

JR東海 2月15日条件決定

格付け ダブルA
表面利率 10年債100億円 1.69% スプレッド0.23%
20年債150億円 2.30% スプレッド0.20%
同社が昨年11月に募集した10年債200億円と20年債200億円のスプレッドに比べ、それぞれ0.06%、0.02%拡大

三菱商事 2月14日募集
格付け ダブルAマイナス
国債利回りに対するスプレッドは0.29%
昨年11月に募集した10年債250億円のスプレッドは0.24%
格付けがダブルAプラス銘柄の国債利回りに対するスプレッドの平均値は、14日時点で0.207%。1ヶ月前に比べて0.013%拡大。シングルAプラスは0.499%と同0.098%拡大。

e0120653_90985.jpg


(日本経済新聞2008年2月16日)

【リンク】
平成20年2月15日「国内普通社債の発行について」東海旅客鉄道株式会社
http://jr-central.co.jp/news.nsf/news/2008215-132810/$FILE/syasai.pdf



by yasukiyoshi | 2008-02-16 08:55 | 資金調達


<< 個人の金融商品の税金ー矛盾だら...      租税法規改正の遡及適用の可否 >>