2008年 04月 05日

英ファンドのJパワー株買い増し拒否へ

英ファンドのJパワー出資、株買い増し拒否へ・経産省
政府は11日に外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づく審議会を開き、Jパワー(電源開発)株の買い増しを届け出ている英投資ファンドを呼び、株買い増しの意図について聴取する。経済産業省は外国資本による電力卸最大手への影響力拡大に安全保障上の懸念を示している。審議会の議論を経て、同省が初めて株買い増しの変更・中止を勧告する方向となった。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080405AT3S0401R04042008.html
【CFOならこう読む】
私が好きな映画に「太陽を盗んだ男」(1979年 キティフィルム製作)があります。沢田研二扮する高校教師城戸誠が東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅アパートで原子力爆弾を完成させ、日本政府を脅迫するという奇想天外な映画です。

もしJパワー株の買い増しで安全保障上の懸念が本当にあるなら、城戸誠が株主として登場する可能性を経済産業省はどう説明するのでしょうか? もし本当にそんな懸念が存在するなら、直ちに上場廃止すべきでしょう。

【リンク】
 なし

by yasukiyoshi | 2008-04-05 09:24 | M&A


<< 適用期限が延長されなかった租税...      TOB価格ーイオン・CFSのケース >>