2008年 07月 22日

資本政策詳解-イデアインターナショナル

【CFOならこう読む】
約1ヶ月ぶりのIPOです。引受価額2,530円、平成20年6月期予想EPSが204.84円なのでPER12.3倍の水準です。
e0120653_21421346.jpg


イデアインターナショナルの主な資本政策は (表2)の通りです。
e0120653_21422364.jpg


平成17年に2度第3者割当増資を行っていますが、1度目の時の発行価格は25000円、2度目の時の発行価格は410000円と大きく差をつけています。1度目の増資の割当先には橋本社長も含まれています。平成17年6月期のBPSは162,062円、EPSは74,714円です
から1度目の価格は相当に割安であると言えます。

(表3)はイデアインターナショナルの株主構成です。

e0120653_21423235.jpg


上場時点で、橋本社長の持株比率は52.9%(潜在株式含めず)、また社長・役員・従業員合計で60%超(潜在株式含む)の持株比率となっています。従業員持株会はありませんが、従業員39人に対しストックオプションを中心に全体の4.3%の株式を割り当てています。

【リンク】
ライフスタイル商品の提供 I.D.E.A International
http://www.idea-in.com/


by yasukiyoshi | 2008-07-22 11:23 | IPO


<< 解散価値によるTOB−コマ・ス...      無議決権株の価格 >>