吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュース

cfonews.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 28日

資本政策詳解-アスコット

【CFOならこう読む】
アスコットの株式上場の概要は次の通り。

e0120653_15582770.jpg


8月最初のIPOです。公募価額650円、2008年9月期予想EPSが293.52円なのでPER2.21倍と極めて低い水準の価額での株式公開となっています。

e0120653_1636443.jpg



アスコットの主な資本政策は (表2)の通りです。

e0120653_16424676.jpg

(クリックすると拡大表示されます)

2004年以前に発行された新株予約権付社債の新株予約権行使(分割調整後行使価格41.66円)により、加賀谷社長の上場時シェア50%超(加賀谷インベストメント含む)を確保する資本政策になっています。

(表3)はアスコットの株主構成です。

e0120653_1558879.jpg


従業員持株会、従業員に対するストックオプション共に低水準で、株式による従業員に対するインセンティブはあまり重視していないように見受けられます。

【リンク】
株式会社アスコット
http://www.ascotcorp.co.jp/index.html


by yasukiyoshi | 2008-07-28 11:51 | IPO


<< 企業価値研究報告書の位置付け      日本の株式市場は効率的か? そ... >>