2008年 09月 01日

資本政策詳解ーサニーサイドアップ

【CFOならこう読む】
サニーサイドアップの株式上場の概要は次の通りです。

e0120653_17513069.jpg


サニーサイドアップは中田英寿をマネジメントしていることで有名な会社です。公募価額2,800円、2009年6月期予想EPSが194.43円なのでPER14.4倍の水準での株式公開となっています。

e0120653_17514311.jpg


サニーサイドアップの主な資本政策は (表2)の通りです。

e0120653_17515391.jpg


次原社長は、2005年7月に付与された新株予約権700株(分割後280,000株)の行使を、2006年7月に行っており、これにより上場後持株比率50.1%を確保する資本政策となっています。

(表3)はサニーサイドアップの株主構成です。

e0120653_1752193.jpg


中田英寿が第3位(発行済株式数ベースでは第2位)の大株主に顔をみせている他、北島康介や為末大も株主になっています。

従業員持株会は設立しておらず、代わりに約30人の従業員にストックオプションを付与しています。

余談ですが、株主の状況、中田の住所はモナコ(モンテカルロ)と記載されています。タックスヘイブンで名高いあのモナコです。

【リンク】
平成20年8月「新株式発行届目論見書」株式会社サニーサイドアップ
http://www.c-direct.ne.jp/hercules/uj/pdf/10102180/00071796.pdf


by yasukiyoshi | 2008-09-01 09:10 | IPO


<< 時価総額基準による上場廃止猶予...      ロックアップ条項 >>