2009年 02月 02日

米ファイザー、ワイス買収資金調達コスト7~9%

M&Aに信用収縮の重し 米ファイザー、買収資金調達に厳しい条件
1月26日、米国で680億ドル(約6兆1000億円)規模の企業買収が明るみに出た。製薬世界トップのファイザーが半年にわたる交渉の末、同業のワイス(旧アメリカン・ホーム・プロダクツ)を傘下に収める。昨年9月のリーマン・ブラザーズ破綻で資本市場の機能が損なわれ、多くの企業は綱渡りの資金調達を余儀なくされている。ファイザーはどうやってメガ・ディールにこぎつけたのか。
(日経ヴェリタス2009年2月1日6面)
【CFOならこう読む】
総額680億ドルの買収資金のうち225億ドル分は、米ゴールドマンサックスなどから次の条件でつなぎ融資を受けます。
期間:1年
利率:年7~9%
手数料:0.5~2.5%
残りの455億ドルは現金と株式交換を組み合わせて支払われます。ファイザーの格付けはトリプルAであるにも関らず、プレミアムを6.5~8.5%要求されており、常時では全く考えられない事態です。
「ファイザーがのんだ厳しい条件は、財務内容で劣る「その他大勢」の企業を落胆させ、信用収縮の深刻さを思い知らせる材料かもしれない。」(前掲紙)
今は割安でM&Aが出来る好機ではありますが、こういう時にメガ・ディールが実行できるのはファイザーのようなキャッシュ・リッチ企業だけでしょう。

多額の現金保有にも効用はある、ということでしょうか。

【リンク】
 なし

by yasukiyoshi | 2009-02-02 14:45 | M&A


<< BNPパリバに過怠金10億円超      JTブランド廃止 >>