吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュース

cfonews.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 26日

ブルドックとサッポロHD、米スティールに質問状

●ブルドック、米スティールに79項目の質問状
ブルドックソースは25日、米系投資ファンドのスティール・パートナーズによるTOB(株式公開買い付け)について賛否の意見を留保すると発表した。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070526AT1D2508P25052007.html

●サッポロHD、スティールに再質問の方針
サッポロホールディングスは25日、同社に買収を提案している米系投資ファンドのスティール・パートナーズに対し再質問する方針を固めた。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070526AT1D250AH25052007.html

両方ともTOBの賛否を留保する、とのニュースです。
いつまでも賛否を留保し続けたとして、
スティールがしびれを切らし敵対的TOBを仕掛けてきたら
買収防衛策を発動するのでしょうか?

それに対し裁判所はどのような判断をくだすことになるのでしょう。

楽天・TBS案件もありますし、
近い将来そんな進展を見せることになるような気がします。

by yasukiyoshi | 2007-05-26 11:04 | 買収防衛策


<< 内部統制の導入準備、「これから...      テーオーシー、ダヴィンチのTO... >>