吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュース

cfonews.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 30日

セブン&アイ・ホールディングス伊藤氏 社員に持株贈与

創業者の持ち株、幹部社員に贈与・セブン&アイ伊藤氏
セブン&アイ・ホールディングスの創業者である伊藤雅俊名誉会長が、個人で保有する同社株の一部を社員に贈与することが明らかになった。対象はグループ社員のうち幹部ら5000人超で、拠出額は時価換算で計60億円程度に上るもよう。少子高齢化や消費低迷で小売業の経営環境が厳しさを増す中、前身のイトーヨーカ堂設立から今年で50周年を迎えるのを機に社員の士気を高める。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080430AT2F2804Y29042008.html

【CFOならこう読む】
一六堂(http://cfonews.exblog.jp/7300426/)やテクノアルファのケース(http://cfonews.exblog.jp/6969550/)と同様のインセンティブプランであると思われます。

贈与税がどうなるか気になるところですが、課税が生じない形で実行されるものと思われます。

人間売買により株式を譲渡した場合、時価よりも譲渡代金が低くても、課税対象となるのは実際の譲渡代金であり、時価で課税されることはありません。一方譲受人には贈与税が課税されます(「M&A実務ハンドブック第3版」 鈴木義行編著 中央経済社)

無償譲渡を受けた者が、その対価と株式の時価に相当する金額を、譲渡人から贈与によって取得したものとみなされ、納税の義務を負うことになります(「租税法第11版」 金子宏著 弘文堂 488ページより)が、贈与税には基礎控除が110万円あるので(平成19年4月1日現在法令等)、譲渡された株式の時価がこれ以下であるなら贈与税は課税されません。

新聞記事によると、対象の社員は、ヨーカ堂やセブンーイレブン・ジャパンなどの幹部や勤続年数が長い社員とのことです。

半期報告書を見ると平成18年8月31日現在の社員数は、
 コンビニエンスストア事業 27,589名
 スーパーストア事業 19,045名
となっています(臨時従業員は含まれません)。

この中から5千人を公平な基準により選択するのは大変そうですね。

【リンク】
 なし

by yasukiyoshi | 2008-04-30 12:28 | 税制


<< 資生堂、買収防衛策を取りやめ      本日休刊 >>