吉永康樹の CFOのための読みほぐしニュース

cfonews.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 06日

端株強制買い取り-KDDIのケース

代金、みなし配当課税 KDDI 株主に注意喚起
KDDIは1株に満たない端株の強制買い取りに関する税金の取り扱いで、株主に注意を促し始めた。端株を買い取る際に同社が端株主に支払う代金が、みなし配当課税の適用を受けることが決まったためだ。(日本経済新聞 2008年9月6日 16面)
【CFOならこう読む】
端株を強制的に買い取る場合、配当金と同じく10%の源泉徴収が課されるという通知をKDDIは国税から受け取ったというニュースです。

強制買い取りではなく、株主自ら24日までに端株の買い取りを会社に対し請求する場合には、みなし配当課税は回避できるとのことです(この場合でも譲渡益課税が生じる可能性はあります)。

この件からだけでも、複雑怪奇な日本の金融所得税制の一端が垣間見れます。

【リンク】
平成20年9月3日「端株の処分に関する税制についてのお知らせ」KDDI株式会社
http://www.kddi.com/corporate/ir/shareholder/guide/pdf/hakabu_shobun.pdf



by yasukiyoshi | 2008-09-06 10:53 | 税制


<< 米スティール対日戦略転換      テクモ・スクエニのケース >>